MESSAGE


<注文の多いキモノ店の始まり>

アパレルで働きながら「KIMONO道(現・KIMONO姫)」に衝撃を受け

アンティーク着物にどハマりしたのは2002年のことです。

 

当時はなかなか自分が欲しいと思うものが手に入らず、和裁を習い始めたのでした

「ファッションとしてもっとキモノを楽しみたい!」

「自分が欲しいと思うものを 想像を超えるカタチで生み出したい!」

という熱い想いからオリジナルの和装アイテムを販売する

2004年『注文の多いキモノ店』を開業し、あっという間に12年が経ちました

洋服とキモノの間の垣根を感じさせない商品作りを考えながら過ごしてきました

 

可愛い生地で帯が作りたい

キモノと洋服と兼用できるコートを作りたい

美しくて機能的な和装肌着が作りたい

可愛くてラクに履ける履物が作りたい

大人のための上質で可愛いデザインのゆかたを注染で作りたい

・・・

 

私が欲しいと思ったものを 同じように欲しかった!と思ってくださる方がいて

そうして出来上がったものたちを

たくさんの方のお手元に届けることができたのは

本当にありがたく幸せなことでした

 

 

<いまのこと>

いまはその選択肢がとても増えたと感じます

平成のアンティークキモノブームから

キモノをファッションとして楽しむ土壌が確かにできあがって

オリジナリティ溢れる新しいキモノやいろんなアイテムを

たくさんの場所やブランドから選べるようになりました

 

なので私の『注文の多いキモノ店』の活動は

お休みしていいんじゃないか と思うに至りました

 

<非日常と日常>

私にとってキモノとは「最高の遊び着・着飾るもの」であり

着るだけで「時空が変わるような 非日常を楽しむファッション」でした

こんなファッションはキモノ以外なかったですし、今もないと思っています

 

自分が着たいからこそ

次に作りたいと思うものも生まれ続けてきましたが

「日常」に追われる日々は「非日常」を想像することさえ

非日常となっていきました

 

私は天才ではないので 自分が着たいものしか作れなくて

「非日常」へ軽々と往来自由だったころは

こんなにもキモノが 私の生活から 遠くなるとは思ってもいませんでした

 

<キモノと洋服とファッション>

キモノは 時空が変わるような非日常を与えてくれるもの

洋服は 日常の中で ハレの気分を楽しませてくれるもの

 

私はキモノも洋服も同じファッションとして大好きです

キモノを好きになって、人生のファッションの彩りがさらに豊かになりました

これからも人生の中で どちらも長く楽しみ続けたいと思います

 

いま私は とくべつな非日常を求めてはいなくて

素直に楽しめるのは 日常を彩るファッションです

 

<これからのこと>

なのでキモノから再びアパレル(洋服)へと場を移すことにしました

縁あって 前職の会社に販売促進部プレスとして復帰することとなりました

素材からオリジナリティのあるドキドキするような洋服や

ブランド(レディス12メンズ)を作り続けている会社です

 

この会社で働いていた経験のおかげで

良いものを知ることができたのと

お客さまファッションをどう楽しんでいただくかを

常に考えることを学べたと思っています

「注文の多いキモノ店」の活動につながった私の原点です

また美しいファッションが生み出される場所で仕事ができることは

本当にうれしくありがたいことです

 

生産でお世話になった皆さまには

またお仕事でご縁があるかもしれません

その際はぜひよろしくお願いいたします

 

そしてキモノ好きなお客さまは本当にオシャレな方が多いので

もしかしたらツボにはまる方もいらっしゃるのでは…

ときどき店舗に立つこともありそうなので

そのときはTwitterでつぶやこうかと思っています

お時間が合えば会いに来てくださったらうれしいです

 

<再びキモノについて>

そして遊びもキモノも遠くなってしまったような気がしていたけれど

フォーマルな場所へきれいめにきちんとキモノを着るのも

ものすごく楽しいです!

 

これ先日の七五三で気づいたんです!びっくりしました!

フォーマルな場でのキモノは 自分が趣味や遊びとして着るのとまた違って

 家族に気兼ねすることなく着られます

イベントにも花を添えられて

家族にもよろこばれるのがとても新鮮でした

 

私は春の息子の入学式かな…今からウキウキしています

世の中のキモノを着る機会が減ったママの皆さま

ぜひフォーマルのチャンスを逃さず、着ましょうね 

161105kajiro-47-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

<最後に>

12年間 本当に ありがとうございました

とってもとっても楽しかったです

たくさんの方々に支えていただき

そしてたくさんの方にご愛顧いただき

感謝の気持ちでいっぱいです

 

みなさまのキモノライフが

これからも

より楽しく 素敵なものとなりますように!

 

注文の多いキモノ店 店主  円(madoka)